もうすぐ2歳だけどまだまだおっぱい星人な娘。

うちの娘は1歳9ヶ月なんですけどまだおっぱいあげてます。
大抵はもう断乳してますよね。
お仕事をしてるママだったらなおのこと。
でも私は本人の意思で止めてもらいたくてまだ昼寝と就寝前の二回続けてるんです。

最近おしゃべりが上手になった娘はたくさん面白いことを言ってくれるんですが、おっぱいについても同じで。
飲む前はにこにこしながら
「おっぱい のむ のむ しゅき しゅき」って言ってくれます。

そんなある日のこと。主人が休日で娘の寝かしつけを一緒にしてくれたことがありました。
その時、娘は少しおっぱいを飲んでは
「おっぱい おいしいね」と私の胸を指差しながら主人にアピールしてるんです。
もう本当に可愛くて(笑)。

生まれたばかりの時は母乳やミルクしか飲めない訳だし、それを美味しいと感じているかどうかなんて知る余地もないです。
でも、これだけ成長して、美味しいと娘自身から告げられるのって本当に幸せです。

時々疲れて断乳したいと思う時もあるけれど、娘がおっぱいを飲んでくれるのは今だけなんですよね。
あとしばらくのこの時間を大事にしたいと思います。

何回、行ってもやっぱり嫌な歯医者に治療で通わないといけなくなりました

病院というのは本当に行く事が億劫になるんですがその中でも歯医者というのは出来るだけ避けて通りたい病院なんですよね。でも酷くなってからの歯医者に行く事は怖すぎるので定期的に歯石を取ってもらうと同時に健診もしてもらって痛い治療にならによう未然に防ぐために遅くても一年に一度は行くようにしていたんですが妊娠の時に悪阻が酷く歯磨きもロクに出来ない時期が長かったのもありやはり産後に健診に行くと虫歯が一気に広がっていたので麻酔もしないといけないぐらいだったので授乳の期間が終わってから行けるのでどんどん行けるようになるまでに虫歯が進行しており、やっと歯医者に行った頃には神経のすぐそばまで広がっていたので麻酔も沢山うちながらの治療になり神経を抜くか抜かないかの瀬戸際治療になりました。一応残せる事になりホッとして銀歯まで詰めたのですがその後も神経に触るような響くような感覚があったけど、もう歯医者通いも嫌だったし私生活に支障もなかったのでそのまま過ごしていたら2か月ほど経った時に急に歯というか顎の辺りまで激痛が走り眠れないまでになったので急患でまた歯医者に行く事になり結局、神経に詰め物が触って刺激して激痛を起こしていたので結局は神経を抜く事になりました。神経を抜く治療というのは本当に時間もかかるし痛いしたまりませんね。歯は大切にしなさいと小さい頃に祖父母や両親が言っていた言葉をしみじみ感じる今日この頃です。

幼稚園のお迎えの駐車場は、私の運転能力を超えちゃいます

一度雨の日に、幼稚園の子供の朝の送りを車で行きました。
普段は歩きか自転車なのですが、それに味をしめたのか、自転車で帰る途中子供から、車がよかったー。という一言をいただきました。
その時は、子供には、家が近いから車では行かないのよー。遠い人だけ車で来るんよー。今日は雨がすごかったから特別だったんよ。いつもは車でいかないよ。
と説明しましたが、、、
実は私は車の運転に自信がありません!3年前までペーパーで、1年に1度運転するか。。。という感じでしたので、
ペーパーから必要にかられて運転しだした当初は、ショッピングセンターの駐車場にとめるのも、屋上の3個以上並んであいているところ!にしか止められませんでした。
まぁ今でこそ、一台だけあいているところにも止められるようになりましたし、だいたいのことはできるようになりましたが、
幼稚園のお迎え時間の駐車場は、ごったがえしてもともとの駐車スペース以外にも縦列にとにかく詰める!っていう感じになるので、
私にはちょっと。。。荷が重いんです。きっとノロノロきりかえきりかえしながら入れる私の運転がママ達をイライラさせることでしょう。ということで、
遠慮しております。キレイモ キャンペーン